腎臓病は塩分の過剰摂取からくる?

塩分の摂り過ぎが体に良くないことは、誰もが知っているでしょう。厚生労働省が推奨している1日の食塩摂取量は、成人男性が10グラム未満、成人女性が8グラム未満となっています。しかし、実際にはこの数値よりも高い傾向にあり、男性で12グラム、女性で10グラムの塩分を摂取しています。男性も女性も理想的な塩分摂取量と比べて、2グラム多くなっているわけです。
なぜ塩分の摂取量を制限するかというと、塩分を摂り過ぎることによって重大な病気を引き起こすからです。血圧が上がり腎臓機能に悪い影響を与えます。腎臓は塩分によって負担を受けやすいのです。通常なら腎臓が血液のろ過をしなければいけませんが、機能が低下すると順調にろ過できなくなります。そのため体にナトリウムが蓄積されるようになり、血圧を上昇させてしまいます。高血圧は腎臓の負担となり、腎臓機能の低下から思い腎臓病に発展する場合もあります。
腎臓病を予防したり改善するためには、毎日の食事が大きく関わってきます。味付けの濃い食事は避け、塩分を控えるようにしましょう。1日の塩分摂取量目安は、7グラム以下に抑えたいものです。普段何気なく食べているソーセージやかまぼこなどの食材には、想像以上の塩分が含まれています。また、他にも塩分の多い食材は多くあるため、成分表示をチェックしながら摂取することをおすすめします。
塩分の摂り過ぎは避ける必要がありますが、全く摂らないことも体には良くありません。低ナトリウム血症という病気があり、さまざまな症状が現れますから気を付けましょう。
むくみが頑固に続くときは、速やかに医師の診断を受けることが大切です。通院治療が必要ですが、毎回検査を受けながらそのときの状態にあった塩分制限がすすめられます。

 

腎臓を労わるサプリメントの人気ランキング!
 クレアギニンEX

価格 容量 評価

初回半額:2,980円

60粒(約30日分)

腎臓病


 肝パワーEプラス

腎臓病

価格 容量 評価

 通常価格:4,725円

毎月2箱定期:8,505円

6箱まとめ:25,515円

1箱:3粒×15袋

腎臓病


 しじみ習慣

価格 容量 評価

無料

10粒×2箱(約10日分)

腎臓病


 カゴメ スルフォラファン

腎臓病

価格 容量 評価

通常価格:4,500円

毎月1箱定期:3,980円

90粒(約30日分)

腎臓病